たけのうち矯正歯科ブログ

2018.02.17更新

深い咬み合わせ

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

本日は深い咬み合わせのお話をしたいと思います。

これは上の前歯が下の前歯を覆ってしまい下の前歯がほぼ見えなくなってしまっている咬み合わせのことです。

このような深い咬み合わせになってしまう原因として、下唇を咬む癖や乳歯の奥歯が早く抜けてしまったり、虫歯などにより奥歯がなくなってしまいそれを放置してしまうことなどがあげられます。

深い咬み合わせは度合いによっては下の前歯が上あごの歯肉に咬みこんでしまったり、下あごの動きを制限してしまい顎関節症の原因になってしまったりいろいろデメリットがあります。

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科ではこのような深い咬み合わせを治療するときにいろいろな方法を取っております。

例えばマウスピース型の装置や取り外し式の装置またワイヤーなどの固定式の装置などがあげられます。

どの装置を使用して治療していくかは矯正の検査の結果と患者さんの希望になるべく沿うように選んでいきます。

もし深い咬み合わせでお困りの場合はぜひ一度たけのうち矯正歯科へご相談ください。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ