たけのうち矯正歯科ブログ

2019.03.29更新

バイオデジタル矯正

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、バイオデジタル矯正のセミナーに参加して参りました。近年、矯正歯科治療にもデジタル化が進んでおります。

フィルムに写すレントゲンからデジタルレントゲン画像への移行やCTによる立体的な画像などのデジタル化は前から進んでおりますが

最近ではお口の中の型を取る方法も粘土のような印象材を使用して取る方法から、光学印象というデジタルスキャナーを使用して

コンピューター上にお口のデジタル模型を作成する方法などがあります。

今回のセミナーではこの光学印象したデジタル模型を使用してワイヤーなどを手で曲げるのではなく

ロボットによってワイヤーを曲げてそれをセットし歯を動かしていくという治療法の勉強会でした。

だんだんと矯正治療の分野でもこうしたデジタル技術を応用して実際に治療を行う時代になってきたことをしみじみと感じました。

まだ実際にそれができる施設が少ないなどの点はありますが、これからどんどんデジタル技術を使用し人間の手では再現するのが難しいことも

できるようになり、またそれがいろいろなクリニックでもできるようになってくる時代になっていくと思います。

これらの新しい技術で患者さんの負担が減っていけばとても素晴らしいことだと思います。

それらを扱う我々もしっかり勉強し新しい技術に対応していかなければならないと感じました。

投稿者: たけのうち矯正歯科

  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ