たけのうち矯正歯科ブログ

2019.03.13更新

 

学会

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、日本臨床矯正歯科医会大会神奈川大会に参加して参りました。

日本臨床矯正歯科医会は矯正歯科専門開業医の団体であり、今回はその学術大会が神奈川県横浜市で行われました。

今回の大会のテーマは「機能と形態の調和を求めて」というもので発表や講演もそれに則した内容でした。

特に耳鼻科の先生のお話や小児歯科の先生のご講演はとても素晴らしいものでした。

お二人の先生ともお口(口腔)とお鼻(鼻腔)の関係性についての研究や最新の治療方法をご講演されていました。

このお口(口腔)とお鼻(鼻腔)の関係性は非常に重要なものです。

お口(口腔)の天井は上顎骨という顎の骨で形成されているのですがお鼻(鼻腔)の底の部分を形成する骨でもあるのです。

そのため上顎が小さい方はお鼻の底の部分も小さいため鼻腔の大きさが小さい傾向になります。

矯正歯科治療では上顎が小さい方には矯正装置を使用し上顎を広げる治療を行うのですが、

上顎が広がると鼻腔の底も広くなるので鼻腔の大きさを少し大きくしてあげる効果も期待できるのです。

つまり上顎の拡大により歯並びをよくすることだけでなく、お鼻通りをよくしてあげることにもつながるのです。

もちろんお鼻通りが悪い場合の原因は多岐に渡るため、上顎を広げることですべて解決できるわけではありませんが

上顎が狭いことが悪い影響を与えてしまっていることもあるのでしっかりとした診査が必要だと思います。

今後もお口の中だけではなくてお鼻通りの状態なども考慮し治療を行っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.02.11更新

photo1

 

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、現代矯正セミナール記念同窓会セミナーに参加して参りました。

現代矯正セミナールは何度かブログでご紹介させて頂いた私の恩師の中島榮一郎先生が主催されている矯正歯科のスタディグループです。

私も大学院を卒業してすぐに矯正歯科をもっと勉強したいと思い門を叩きました。中島榮一郎先生はバイオプログレッシブフィロソフィーという現代矯正歯科の基本の一つを作られたリケッツ先生から直に学ばれ、それを日本に広められた先生で、現代矯正セミナールはバイオプログレッシブフィロソフィーを中島榮一郎先生自ら基礎から教えて頂けるセミナーです。私もそこでレントゲンの見方(セファロトレース)などの基礎から学ばせて頂き、実際に中島榮一郎先生の診療室でバイオプログレッシブフィロソフィーのワイヤーベンディングやリケッツ分析を使用して診療させて頂きました。この経験は今の自分の診療の基板となっておりとても貴重な経験です。

photo2

今回の現代矯正セミナール記念同窓会セミナーではスタディグループが発足されてから38周年を記念するもので、もちろん中島榮一郎先生やセファロトレースの教科書を執筆された世界的に有名な宮下邦彦先生、また伊東歯科口腔病院院長の伊東隆三先生など日本を代表する先生方のご講演がありとても豪華なものでした。セミナー後の懇親会ではこれらの先生方とお話しさせて頂き、貴重なお話をきくことができました。

 

また自分が受講していたときの同期の先生方にも久しぶりに会うことができ、当時の思い出がよみがえりまさに同窓会そのものでした。またぜひこのような機会があれば参加させて頂きたいと思います。photo3

これからも中島榮一郎先生にご教授頂いた教えを守りながら日々の診療を頑張りたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.01.21更新

開業40周年

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、礒部歯科医院のご開業40周年記念パーティーに参加させて頂きました。

院長の礒部博之先生は横浜市緑区でご開業されている先生です。

パーティーには先生のオフィスで勤務されていた歴代のスタッフの方が来られていました。

いろいろな今までのエピソードが語られ、スタッフの方々も懐かしさを口にされてらっしゃいました。

何人かのスタッフの方はご出産などで一度退職された後、育児が落ち着いたところで復職されたそうです。

これは礒部歯科医院がスタッフの方々が働きやすい環境や医院の雰囲気であるということだと思います。

このように40年という長い年月はもちろん患者さんの医院への信頼と医院長とスタッフの方の貢献が現れるものだと実感させて頂きました。

私もたけのうち矯正歯科が横浜市旭区鶴ヶ峰で40周年やそれ以上を迎えられるよう精進していきたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.01.17更新

新年のご挨拶

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

明けましておめでとうございます、2019年の今年も宜しくお願い致します。

2週間ほどが経ちました、大分お正月の気分も落ち着いてきた頃だと思います。

皆様は今年の抱負はいかがでしょうか?

私の今年の目標はより地域の医療機関と連携した矯正治療を行っていきたいと考えております。

矯正治療は一般歯科の先生との連携が不可欠です。

確かに矯正治療の最初の動機は前歯のガタガタなどの審美的な動機でご来院される方も多いのですが、矯正治療は咬み合わせという機能を治療していくものでもあります。

そういった咬み合わせなどの機能的な面に関してはなかなか自分で気づくのは難しく、かかりつけの一般歯科の先生からの指摘を受けて初めて自覚される方がやはり多いです。

矯正治療では小児矯正治療などのスタートするタイミングが重要な治療もあり、逃してしまうと十分な効果が得られなくなってしまうこともあります。

一般歯科の先生からタイミングや方法などのご質問を頂くこともあるので、よりしっかり矯正治療の情報をお伝えし連携させて頂くことによって

スペースがない生え替わりで咬み合せが悪くなってきてしまう前に予防的に治療を始められるような体制を作り、患者さんの治療期間などのご負担などを減らしていければと思います。

今年も目標に向け頑張っていきたいと思いますのでたけのうち矯正歯科を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.12.19更新

第77回日本矯正歯科学会

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、第77回日本矯正歯科学会学術大会に行ってまいりました、今年の大会開催地は横浜のみなとみらいでした。

みなとみらい開催という地元での開催であったため、いつもの学会では泊まりでの参加なのですが今回は通い参加でした。

今回は海外の先生によるセミナーや研究発表、最新の矯正装置の紹介や口腔内スキャナーなどの医療機器などが注目でした。

また久しぶりに大学の同期や先輩の先生、お世話になった先生にお会いすることができ、大学の同門会などで近況について話すことができました。

なかなか最近は会う機会もなくなってきていたので学会ではこのようなことも楽しみの一つです。

大学の医局時代の思い出話や最近の治療の考え方やテクニックなどを話すことができとても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.11.25更新

研修旅行

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

横浜市旭区歯科医師会の研修旅行に参加してきました。

場所は日光で歯科医師会の先生方と1泊2日で行って参りました。

普段、お仕事でしかご一緒できなかった先生ともゆっくりお話ができるのでとてもいい機会でした。

夜に宴会の席でお酒をご一緒させて頂いたり、日光東照宮に散策にいったり、川下りの体験をしたりとても楽しい時間を過ごすことができました。

またいろいろな先生方の歯科治療に対する様々なアプローチのお話など勉強になるお話も聞くこともできました。

かみ合わせの考え方に対しても一般歯科の先生の視点からみた考え方と矯正歯科の視点からみた考え方で違いが出てくるのでとても勉強になりました。

こういった機会でいろいろな先生と親睦を深めることはとても意義のある機会ということが改めて感じました。

今後も地域の先生方と親睦を深め、連携していきながら地域医療に貢献していきたいと思います。

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.11.01更新

旭ふれあい区民まつり

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、横浜市旭区の旭ふれあい区民まつりに参加して参りました、去年参加させて頂いて2回目となります。

横浜市旭区歯科医師会でブースを出させて頂きました。

歯科医療に対するアンケートやお口の中のお悩み相談、唾液検査、白衣を着て記念撮影などを行いました。

お悩み相談では一般歯科のご相談だけでなく、お子様の矯正治療のご相談、高齢者への訪問診療のご相談などがあり

旭区民の方々のお口の健康への関心の高さを感じました。

記念写真のコーナーも小さいお子様に好評で多くの方に白衣を着て写真を撮って頂きました。

たけのうち矯正歯科で矯正治療を受けられているご家族の方にも声をかけて頂き、改めて旭区民のお口の健康に矯正治療の分野から貢献させて頂いている実感が湧きました。

今後も横浜市旭区のいろいろな交流の場に参加させて頂きたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.09.07更新

口元の変化

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

本日は口元が出ているのが気になる方へお話をしたいと思います。
これは上下の前歯が過度に前に出てしまい唇を閉じることが困難となり、口を閉じた状態で唇(口元)がかなり出てしまっている咬み合わせのことです。
具体的に特徴を挙げますと


●上下の前歯が前に出ており口元が出ている
●口が閉じにくく、いつも口が開いている
●無理して口を閉じると、顎(あご)にしわができる


このような歯並びは上下顎前突と言われる歯並びです。上下の前歯が前に倒れすぎていたり、上下の顎の骨が成長し過ぎているなどの原因により上下の前歯が強く出てしまい、それにより唇が閉じづらかったり口元が出てしまう状態になります。
唇が閉じづらいため無意識だといつも歯が出てしまっていたり、無理して口を閉じると、顎にしわができてしまいます。

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科ではこのような上下顎前突により口元が出てしまっているかみ合わせを治療するときにいろいろな方法を取っております。
例えばワイヤーなどの固定式の装置を従来通り表側に装着して治療する方法もありますし、裏側に装着し少しずつ周りの人に気づかれないように治療することもできます。
またかなり口元を下げる必要がある方は矯正用インプラントを使用した方法も可能です。
どの装置を使用してどのように治療していくかは矯正の検査の結果と患者さんの希望になるべく沿うように選んでいきます。
もし口元が出てしまっていることでお困りの場合の方はぜひ一度たけのうち矯正歯科へご相談ください。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.08.15更新

本吉先生記念パーティー

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、日本大学歯学部歯科矯正学講座の本吉満先生の教授ご就任記念パーティーに参加してきました。

本吉先生は私が同講座に入局させて頂いてからとてもお世話になっている先生です。

入局当時は准教授にご就任されていたのですが、このたび新教授にご就任されました。

本吉先生は今では矯正歯科のスタンダードな治療手段である矯正用アンカースクリューという治療方法にご尽力されている先生です。

矯正用アンカースクリューとは従来の矯正治療では難しかった「動かしたくない歯を固定する」、「歯を圧下させる」また「後ろの歯を後方へ移動させる」などの方法を実現できる画期的な治療方法です。

この方法により現在の矯正治療の方法は大きく変わったといえるでしょう。

たけのうち矯正歯科でもこの矯正用アンカースクリューを用いた治療法を導入しており、患者さんからご好評を頂いております。

本吉先生は今でも先駆者として新しい矯正用アンカースクリューのデザインやその使用方法の開発に携われております。

同じ大学の先生で今でも大学で矯正用アンカースクリューや矯正治療の方法についてご教授頂けるのでとてもありがたい環境だと思っています。

大学の医局時代はもちろんいろいろ矯正治療についてのご指導を頂いていたのですが、飲み会に参加させて頂いたり、他の医局のメンバーと一緒に釣りに行ったり

先生のご自宅にお招き頂いたりプライベートでもとてもお世話になりました。

今回、本吉先生が新教授にご就任されたことをとても嬉しく思います。

また日本大学歯学部歯科矯正学講座の名に恥じぬよう精進を続けていきたいと思います。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2018.07.28更新

咬み合わせ勉強会1

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、矯正治療での咬み合わせの勉強会に参加してきました。

矯正治療で最終的にどのような咬み合わせが理想的であり、どのような顎の動きをとれるように歯を並べるべきなのかを勉強するものでした。

咬み合わせはしっかり均等に咬めるようにガタガタを並べるだけでなく、下あごをいろいろ動かしたときにそれが負荷なく滑らかに動くように歯を並べる必要があります。

今回の勉強会ではまずしっかりと理想的なかみ合わせの知識を整理し、咬合器(あごの動きを再現する器械)に付着した実習用の模型を使用して理想的な咬み合わせに歯を並べていく実習するかなり盛りだくさんな内容でした。

咬み合わせ勉強会2

実際に咬合器を使用し、手で一からあごの動きに合わせた理想的な咬み合わせに全ての歯を並べるのはやりごたえのあるものでした。

しかしこの勉強会で改めて矯正治療のゴールを再確認することができたのでとても有意義なものでした。

今後もしっかり研鑽していき実際の治療にフィードバックしていきたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

前へ
  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ