受け口

●口を閉じると、下の歯が上の歯よりも前に出ている

●下の顎が出ている


このような歯並びは反対咬合と言われる歯並びです。一般的には「受け口」と呼ばれます。反対咬合は下の歯が上の歯より前に出てしまっており、咬み合わせが逆になってしまっています。また遺伝的な要因が影響していることもあります。
年齢に制限はありませんが、できるだけ早期の治療が望ましい咬み合わせです。

反対咬合(受け口)を非抜歯で治した場合

  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ