矯正治療中のお口のケアについて

矯正治療中は、お口の中に装置が取り付けられているため、いつもよりもさらにお手入れに気を配る必要があります。特に固定式の装置を長期間つけていると、虫歯になってしまうリスクが高くなります。当クリニックでは、矯正治療開始時の歯磨き指導や、治療期間中の定期的なフッ素塗布、クリーニングなどに力を入れております。きれいな歯並びにするのはもちろん、歯の健康を維持することも忘れないようにしましょう。

歯磨き指導

矯正装置(ブラケット)の周りは、食べ物のカスがとても残りやすい状態になっていますので、「歯と歯の間」や「歯と歯茎の間」をさらに丁寧に磨かなければなりません。その際、ブラケットが邪魔となり、通常の歯ブラシでは届かない場所や普通のフロスを使うことができない場合もあります。そのため、当クリニックでは、矯正治療中専用の特殊な歯ブラシやフロスをご案内しており、使い方や磨く際の効果的な歯ブラシの角度まで丁寧にご説明します。

ワンタフトブラシ

歯ブラシの先が小さくまとまった、とても小さな歯ブラシです。歯を一本一本磨くことができるため、普通の歯ブラシでは届かないところもきれいに磨くことができます。

矯正用フロス

矯正用フロスは特殊な形状をしているため、矯正装置であるワイヤーがお口に入っている場合でも、柄の片方をワイヤーの下に潜り込ますことができ、歯と歯の間をきれいにお掃除することが可能です。

フッ素塗布

フッ素は自然界に広く分布し、水や多くの食品にも微量に含まれている成分で、虫歯予防には欠かせない役割を果たしています。フッ素の具体的な効果として、以下の3点が挙げられます。

  • 歯を溶かし、虫歯の原因となる酸の生産を抑える。(酸の抑制)
  • 歯の質を強化し、酸があっても溶けにくくする。(酸に対する耐性)
  • 唾液による初期の虫歯修復効果を促進する。(酸からの修復)

このように、フッ素は虫歯から歯を守る重要な役割を果たすので、常にお口の中にフッ素が残っている状態を作ることが大切です。当クリニックでは、定期通院時のフッ素塗布も積極的に行うことで、虫歯予防に最善を尽くしています。

クリーニング

コーヒーや紅茶により歯に沈着した色素や、細菌の死骸などが固まってできる歯石は、毎日の歯磨きではなかなか取ることができません。特に歯石は、表面がザラザラしているため、歯垢がつきやすく、歯ブラシの邪魔になるため、放っておくと虫歯や歯周病の原因になります。

歯をきれいにクリーニングすることにより、本来の自然な歯の色を取り戻すことができ、歯石も取り除くことができます。さらに、思わぬ磨き残しなども一緒に取れるので、お口の中がより清潔に保たれます。矯正治療中は、必ず定期的にクリーニングを受けるようにしましょう。

  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ