たけのうち矯正歯科ブログ

2020.08.22更新

オンライン

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

最近では新型コロナウイルスの対策により様々な新しい試みがあります。

その一つがzoomによる勉強会です。

新しい知識や技術を得るため、時々どこかの場所に集まって数人で勉強会などを行うことがあるのですが

やはり今の状況ではある程度の人数が集まってしまうのは避けたいところです。

そこで最近zoomなどのアプリを利用した勉強会が行われ参加致しました。

自宅でリラックスした状態で参加できますし、特にどこかの会場にいかなくてもよいというのは新鮮でこれはこれで良いのではと感じました。

ただオンラインだけだとこういった機会に実際に集まるという楽しみがなくなってしまうので少し寂し感じもします。

 

毎年行われる日本矯正歯科学会の学術大会は毎年会場が変わり、なかなか普段遠方により会うことができない上の先生や同期の先生などに会うことができるので

年に一回のお祭りのようなイベントなので毎回楽しみにしておりました。

今年は第9回国際矯正歯科会議という日本での世界大会だったのですが残念ながらオンラインでのバーチャル学会に変更になりました。

バーチャル学会というのは経験がなく、どういうものなのかわからないのですが積極的に参加してみようと思っております。

このようにいろいろ今年は例年と違うところがありますがその中でしっかりと研鑽を積んでいきたいと思います。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.04.30更新

clean

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

当院では新型コロナウイルスの感染予防対策として様々な対策を取らせて頂いております。

通常の患者様ごとの消毒はもちろんですが、強力な空気清浄機の設置、患者様への手指消毒のお願い、

診療時間をなるべく患者様お一人のアポイントにさせて頂くなどの他にも様々な対策を取らせて頂いております。

安心して治療を受けて頂けるようにこれからも様々な対策を状況に応じて取って参ります。

患者様にはご不便をおかけしてしまうかもしれませんが何卒ご協力よろしくお願いいたします。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.03.09更新

Bruxism

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、東京駅付近で矯正治療後の長期安定性についてのセミナーに参加して参りました。

矯正治療で綺麗に並んだ歯並びをその後長く安定させていくことはとても重要な課題です。

例えばワイヤー使って歯を動かして歯並びが綺麗になった後、今度はワイヤーを外すわけですが、

そうなるとワイヤーの支えがなくなるので綺麗に並んだ歯列は様々なストレスを支えなしで受けることになります。

歯ぎしりや食いしばり、舌で歯を押す癖や唇を咬む癖などのストレスは綺麗に並んだ歯列に影響を与える可能性があります。

もちろんリテーナーを使用して頂ければ歯の周りの骨がしっかりしてきてくれますがストレスが長期間かかるとその影響が出てしまう可能性があるのです。

今回のセミナーでは改めてその重要性を再認識することができました。

患者さんにはこのようなストレスがなるべくかからないようにしっかりとレクチャーさせて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.01.31更新

48th YOKOHAMA DENTAL SHOW

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

2020年の横浜デンタルショーに参加して参りました、会場は例年通りパシフィコ横浜でした。

今年も様々な企業がブースを出しており新しい機材や器具、歯みがきペーストなど多くの歯科関連の新商品が出されておりました。

会場内では旭区の歯科医師会の先生方や勤務医時代にお世話になっていた先生、たけのうち矯正歯科に来て頂いている業者の方など様々な方にお会いできました。

なかなかこういう機会でないとお会いできない方々もいるのでそういった意味でも毎年参加できるのを楽しみにしています。

いろいろな方に新年のご挨拶もでき、よいスタートがきれましたと思います。

今年もたけのうち矯正歯科をよろしくお願い致します。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.12.16更新

西谷駅看板

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

2019年を振り返えりますと今年もいろいろなことがありました。

歯科検診や旭区民セミナー、がん検診などの旭区の地域歯科医療を通じて様々な方と交流を持つことができましたし、

矯正歯科のセミナーに参加し様々な研鑽を積むことができました。

また11月30日には待望のJRが西谷駅で相鉄線とつながり、東京へ直接出られるようになり、ますます相鉄線が便利になりました。

当院の羽沢から通院されている患者さんも羽沢横浜国大駅ができたことによりとても便利になったとの嬉しいお話がありました。

ゆくゆくは東急東横線も繋がるとのことで本当に今後の盛り上がりが楽しみです。

当院でも待合室で患者さん同士がクラスメートで偶然出会って「今日来てたんだ」や、ご両親がご近所さんで「ここに通ってるだ」など会話があり

少しずつ地域医療に貢献させて頂いているのかなと実感させて頂けた一年でした。

来年もしっかり研鑽を積み、横浜市旭区鶴ヶ峰で矯正歯科治療を通じて地域医療に貢献させて頂きたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.10.31更新

旭ふれあい区民まつり

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、令和になって初の横浜市旭区の旭ふれあい区民まつりに参加して参りました。

今年も横浜市旭区歯科医師会でブースを出させて頂きました。

例年のように歯科医療に対するアンケートやお口の中のお悩み相談、唾液検査、白衣を着て記念撮影などを行いました。

今年は昨年よりも午前中からたくさんの方にブースにおこし頂き、配布用に用意していたハブラシなどもすぐになくなってしまうくらい好評でした。

記念写真のコーナーもまたご家族に好評で、多くの方が列を作られお子様が白衣を着て写真を撮っていました。

また今年もたけのうち矯正歯科で矯正治療を受けられている患者さんがブースにこられ声をかけて頂き、ご挨拶させて頂きました。

今後も積極的にこのような活動に参加させて頂きたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.09.26更新

講演風景

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、横浜市旭区の口腔がん検診に参加して参りました。今回は例年よりも倍以上多い方がご相談に来られました。

今年は舌がんなどテレビで取り上げらることがありましたので多くの方の関ご関心が集まっていると感じられました。

検診では口腔外科の専門の先生方と一緒に拝見させて頂き、専門の先生ならでは診察のテクニックなども勉強することができました。

また、口腔外科の先生からフィードバックもして頂き、様々な知識を共有することができました。

今回の検診で、かかりつけの歯科医のところで早期に発見し、専門の先生方と連携しての治療を行っていくことの重要性を改めて実感しました。

今後も他の先生方としっかり連携しながら鶴ヶ峰で診療を行っていきたい思います。

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.08.08更新

矯正用インプラント

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、矯正歯科用インプラントの勉強会に参加して参りました。

矯正歯科用インプラントはよく想像される歯科用インプラントとは異なります。

基本的に歯科用インプラントはよく歯がなくなってしまった代わりに顎の骨に埋入してその上に人工の歯を付けそこで咬めるようにするものですが、

矯正用インプラントは矯正治療で歯を動かす時の固定源として使用するものです。

どうしてこの矯正用インプラントが必要になるかと言いますと実は矯正治療では歯の動かし方によってはなかなか難しい動かし方があり、従来の治療ではできないようなものがありました。

しかし、この矯正用インプラントが登場してから劇的に変わり、従来でしたら難しい歯の動かし方が可能になり治療の幅や質を高くすることができるようになりました。

たけのうち矯正歯科でもこの矯正用インプラントを使用し、日々の治療に生かしております。

矯正用インプラント舌側

今回のセミナーではこの矯正用インプラントの知識を再確認し、また模型を使用して実際に矯正用インプラントを埋入する実習や

それを利用したワイヤーで力を加えた歯の動きをみていくものでした。

とくに改めて模型を使用し、矯正用インプラントの埋入の手技の確認や模型上での歯の動きを観察することができ非常に有意義なものでした。

今後もこのような新しい技術をしっかり使用し、日々の診療に生かしていきたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.06.30更新

3歳児歯科検診

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。
先日、令和元年の横浜市旭区の3歳児健診に参加して参りました。
今回の健診では私を含め3人の歯科医で80人近くの3歳児を診させていただきました。

今年の3歳のお子さんもお口の中を見せて頂くとやはりご両親がしっかり歯みがき指導されているようで、上手にできている子が多かった印象です。
歯垢などの汚れも虫歯もかなり数は少ないようでした。

かみ合わせに関してはまだ乳歯なのですがすでにガタガタが出てしまっている子や極度の指しゃぶりの癖により前歯が咬めなくなったしまっている子や前歯が受け口になってしまっている子もいました。

健診でこのようなかみ合わせのお話があったお子様はまずかかりつけの歯科医院にご相談をされるとよいと思います。
癖をやめることによってかみ合わせがよくなってくることもありますし、場合によっては矯正治療が必要なことも出てきます。
かかりつけの先生がよいをアドバイスをしてくださると思いますのでまずは一度ご相談してみてください。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.05.20更新

 

セミナー1

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、新しい矯正装置の勉強に参加してきました。

この装置は海外の矯正歯科の分野では有名な先生が開発された装置です。

矯正治療で使用される歯に接着するブラケットという装置は様々な種類があります。

今回発表された新しい装置はセルフライゲーションブラケットと呼ばれる種類の装置でした。

このセルフライゲーションと呼ばれる種類の装置は普通のブラケットと比べてワイヤーとブラケットの間の摩擦が少ないことにより、

歯の動くスピードが速かったり痛みなどの不快感を少なくすることができる非常にすぐれた装置です。

セミナー2

新しいこのセルフライゲーションの装置は従来のものからさらに機能が加えられ、いままでよりさらに効率的に治療が進めれるものになっておりました。

開発された先生の症例は仕上がりがきれいで、治療期間も短く素晴らしいものでした。

 今後もこのような新しい装置の勉強会に出席して研鑽を積んでいきたいと思います。

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

前へ
  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ