たけのうち矯正歯科ブログ

2020.11.12更新

certificate

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、中島榮一郎と作成させて頂いたポスター発表が無事行われ、第9回国際矯正歯科会議 世界大会よりCertificateを頂きました。

今まで学会で積極的に発表を行うような活動はまだできていなかったのですが、今年の学術大会は世界大会とのことでもありポスター発表をさせて頂き、Certificateまで頂けたのでとてもよい経験になりました。

今回の学術大会では矯正歯科の世界ではとても有名な先生の講演がありとても勉強になりました。

また私の出身大学の先生も今回発表をされていました。

私が大学の歯科矯正科にいた頃にお世話になった先生で、歯列矯正だけでは難しい顎変形症などの外科手術が必要な症例などで一緒に患者さんを診させて頂きました。

当時、先生が同じ医局の若手の先生を遅くまでとても熱心に指導されていたことを覚えています。

今回の発表は睡眠時無呼吸症候群に対する研究発表やそれに対するOPEでのアプローチを発表されており、改めてその有用性がよくわかりました。

学会では他にも様々なテーマの研究発表や講演がアップされておりました、今回はバーチャル学会でしたので自宅で気にせずゆっくり見れるのが良かったです。

今後もまた学会で発表できるように研鑽を積んで参りたいと思います。

 

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.11.03更新

zoomstudy

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日Zoomにて母校の大学の矯正歯科の先生方と勉強会を行い、そこで発表させて頂きました。

毎月、先生方が様々なテーマで発表を行っていくのですが今回は私の番でした。

発表のテーマはRoth philosophyとMBT Systemの特徴について発表させて頂きました。

 Roth philosophyとMBT Systemは矯正歯科では特に有名な矯正治療のテクニックです。

私はRoth philosophyとMBT Systemの両方の年間セミナーを受講しました。

今回はそのセミナーで得た知識と実際に治療で感じたことを発表させて頂きました。

発表後に質疑応答を行うのですが、今回は矯正歯科の先輩ドクターの参加が多く、鋭いご指摘やご質問が多かったので

終始緊張しっぱなしでした。

このような発表を行うと、改めて自分がしてきた勉強の復習になり、またディスカッションを行いさらに理解を深めることができるので

発表は大変ですがかなり充実した時間を過ごすことができました。

また自分が知らない分野や知識が得られ、さらに同じような治療おいての悩みどころなども相談できます。

自分一人だけですとどうしても自分の成長の停滞などを感じてしまうことがあり、このような機会は本当に自分にとってありがたいものです。

今後も積極的に参加させて頂き研鑽を積んで参りたいと思います。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.10.25更新

口呼吸

こんにちは横浜市旭区鶴ヶ峰のたけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

今日は口呼吸についてのお話です。

お子様のお口がポカンと常に開いてしまっており、お鼻ではなくはお口で呼吸を行ってしまっていることはないでしょうか。

これは口呼吸と呼ばれる状態です。

口呼吸の原因としては鼻づまりによりお鼻での呼吸が難しく、かわりに口で呼吸せざるを得ない状態により起こることが多いと思われます。

またこのような口呼吸の状態が長く続くと舌で前歯を押す癖が起こり、奥歯で咬んでも上下の前歯がかみ合っておらず開いてしまっている開咬という歯並びになってしまうことがあります。

そうなるとお食事をするときに前歯で咬みきることが困難となり消化不良を起こしやすくなります。

また長期的には発音がしづらくなり、ドライマウスや顎関節症を起こす要因ともなります。

たけのうち矯正歯科ではなるべくお子様に負担を少なくするような治療法をとっており、早期治療としてマウスピース型の装置であるプレオルソなどを使用しております。

このプレオルソという装置はマウスピース型の装置なのでお家に居る時間や寝る時間にお口の中に入れて咬んでいただくだけの負担の少ない装置になっています。

この装置により受け口などの歯並びを治す効果もあるのですが、同時にお口の周りの筋肉のトレーニングにもなりなるべく口を閉じて口呼吸にならないようにする効果もあります。

装置の適用年齢もあるので早めの受診をお勧めいたします。

ぜひ一度たけのうち矯正歯科へご相談ください。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.10.08更新

オンライン発表

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

前回お話しさせて頂いた中島榮一郎と作成させて頂いたポスター発表が無事行われました。

今年の日本矯正歯科学会の学術大会は第9回国際矯正歯科会議という日本での世界大会でしたが、

コロナウイルスの影響でオンラインでのバーチャル学会に変更になりました。

 ポスタータイトル

今回この学術大会で中島榮一郎先生とポスター発表させて頂くことになりました。

タイトルはThe New Approach to push the boundary in orthodonticsというもので

矯正治療の治療方針を考えるときに歯科の分野だけでなく、整形、内科や耳鼻科などの他科の分野にもアプローチできることがあるという内容です。

できあがったものを実際に専用の閲覧ページで見ると、他の世界各国の先生方もポスター発表されている中にあり実感がわいてきました。

今回このような貴重な経験をさせて頂いた中島榮一郎先生には心より感謝の意を申し上げます。

オンラインの学会は初めてだったのですがゆっくり時間を気にせず集中して発表を見ることができるのでオンラインならではのメリットも感じることができました。

 

ただ願わくば落ち着いたときに日本での世界大会がまた開催され、今度は大会会場で世界各国の先生方と交流をしてみたいなと思います。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.09.27更新

ポスター発表

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

今年の日本矯正歯科学会の学術大会は第9回国際矯正歯科会議という日本での世界大会でした。

しかし残念ながらコロナウイルスの影響でオンラインでのバーチャル学会に変更になりました。

 

今回この学術大会で中島榮一郎先生とポスター発表させて頂くことになりました。

例年ポスター発表ですと会場にポスターを貼りだし、その前で閲覧される先生方のご質問にお答えしたりするのですが、

今年はオンラインなので大会中、専用の学会ページから閲覧して頂く形になりました。

先日なんとか作成が終わり、投稿できました。

私はほとんど中島榮一郎先生のサポートでしたが一緒にポスター発表させて頂くのでとてもプレッシャーがありました。

日本での世界大会がオンラインになってしまい残念でしたがこのような形で参加することができ、とても貴重な体験になります。

どのような形で見れるか楽しみです。

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.08.22更新

オンライン

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

最近では新型コロナウイルスの対策により様々な新しい試みがあります。

その一つがzoomによる勉強会です。

新しい知識や技術を得るため、時々どこかの場所に集まって数人で勉強会などを行うことがあるのですが

やはり今の状況ではある程度の人数が集まってしまうのは避けたいところです。

そこで最近zoomなどのアプリを利用した勉強会が行われ参加致しました。

自宅でリラックスした状態で参加できますし、特にどこかの会場にいかなくてもよいというのは新鮮でこれはこれで良いのではと感じました。

ただオンラインだけだとこういった機会に実際に集まるという楽しみがなくなってしまうので少し寂し感じもします。

 

毎年行われる日本矯正歯科学会の学術大会は毎年会場が変わり、なかなか普段遠方により会うことができない上の先生や同期の先生などに会うことができるので

年に一回のお祭りのようなイベントなので毎回楽しみにしておりました。

今年は第9回国際矯正歯科会議という日本での世界大会だったのですが残念ながらオンラインでのバーチャル学会に変更になりました。

バーチャル学会というのは経験がなく、どういうものなのかわからないのですが積極的に参加してみようと思っております。

このようにいろいろ今年は例年と違うところがありますがその中でしっかりと研鑽を積んでいきたいと思います。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.04.30更新

clean

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

当院では新型コロナウイルスの感染予防対策として様々な対策を取らせて頂いております。

通常の患者様ごとの消毒はもちろんですが、強力な空気清浄機の設置、患者様への手指消毒のお願い、

診療時間をなるべく患者様お一人のアポイントにさせて頂くなどの他にも様々な対策を取らせて頂いております。

安心して治療を受けて頂けるようにこれからも様々な対策を状況に応じて取って参ります。

患者様にはご不便をおかけしてしまうかもしれませんが何卒ご協力よろしくお願いいたします。

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.03.09更新

Bruxism

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

先日、東京駅付近で矯正治療後の長期安定性についてのセミナーに参加して参りました。

矯正治療で綺麗に並んだ歯並びをその後長く安定させていくことはとても重要な課題です。

例えばワイヤー使って歯を動かして歯並びが綺麗になった後、今度はワイヤーを外すわけですが、

そうなるとワイヤーの支えがなくなるので綺麗に並んだ歯列は様々なストレスを支えなしで受けることになります。

歯ぎしりや食いしばり、舌で歯を押す癖や唇を咬む癖などのストレスは綺麗に並んだ歯列に影響を与える可能性があります。

もちろんリテーナーを使用して頂ければ歯の周りの骨がしっかりしてきてくれますがストレスが長期間かかるとその影響が出てしまう可能性があるのです。

今回のセミナーでは改めてその重要性を再認識することができました。

患者さんにはこのようなストレスがなるべくかからないようにしっかりとレクチャーさせて頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2020.01.31更新

48th YOKOHAMA DENTAL SHOW

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

2020年の横浜デンタルショーに参加して参りました、会場は例年通りパシフィコ横浜でした。

今年も様々な企業がブースを出しており新しい機材や器具、歯みがきペーストなど多くの歯科関連の新商品が出されておりました。

会場内では旭区の歯科医師会の先生方や勤務医時代にお世話になっていた先生、たけのうち矯正歯科に来て頂いている業者の方など様々な方にお会いできました。

なかなかこういう機会でないとお会いできない方々もいるのでそういった意味でも毎年参加できるのを楽しみにしています。

いろいろな方に新年のご挨拶もでき、よいスタートがきれましたと思います。

今年もたけのうち矯正歯科をよろしくお願い致します。

 

投稿者: たけのうち矯正歯科

2019.12.16更新

西谷駅看板

鶴ヶ峰の矯正歯科専門たけのうち矯正歯科院長の竹之内裕行です。

2019年を振り返えりますと今年もいろいろなことがありました。

歯科検診や旭区民セミナー、がん検診などの旭区の地域歯科医療を通じて様々な方と交流を持つことができましたし、

矯正歯科のセミナーに参加し様々な研鑽を積むことができました。

また11月30日には待望のJRが西谷駅で相鉄線とつながり、東京へ直接出られるようになり、ますます相鉄線が便利になりました。

当院の羽沢から通院されている患者さんも羽沢横浜国大駅ができたことによりとても便利になったとの嬉しいお話がありました。

ゆくゆくは東急東横線も繋がるとのことで本当に今後の盛り上がりが楽しみです。

当院でも待合室で患者さん同士がクラスメートで偶然出会って「今日来てたんだ」や、ご両親がご近所さんで「ここに通ってるだ」など会話があり

少しずつ地域医療に貢献させて頂いているのかなと実感させて頂けた一年でした。

来年もしっかり研鑽を積み、横浜市旭区鶴ヶ峰で矯正歯科治療を通じて地域医療に貢献させて頂きたいと思います。

投稿者: たけのうち矯正歯科

前へ
  • 初回カウンセリング無料予約
  • Tel.045-442-8717
  • お問い合わせ